厚顔無恥

身の程知らずとは、自分の事を言うの哉。
尊敬していた上司が上司であるうちは幸せであり、そうではなくなって解るのは厚顔無恥
しかし原価高を恐れ働かない事が正義だと思ってる事に気付かないのは一番の厚顔無恥